Follow me on

バンクーバー裏イベント ‼Pillow Fight 目には目を!枕には枕を!

 

バンクーバーpillow fight2017

4月1日、エイプリールフールをどのようにお過ごしましたか?
いたる所で冗談が飛び交う中、まるで冗談のようなイベントがバンクーバーのアートギャラリー前で行われました。
その名も”Vancouver Pillow Fight”(枕による戦い)
今回は日本で考えられないようなイベントを紹介していきます。

Pillow Fightとは?

“Pillow Fight”はフラッシュモブの1つで
インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ、雑踏の中の歩行者を装って通りすがり、公共の場に集まり前触れなく突如としてパフォーマンス(ダンスや演奏など)を行って、周囲の関心を引いたのち解散する行為”(Wikipediaから引用)のこと

つまりVancouver Pillow Fightは指定された時間・場所に人が集まり、枕を使って乱闘をするというものです。

ルールは至って簡単

① Pillow Fightについて話をしてはいけない
② 指定された時間まで指定された場所にいてはいけない
③ 枕は隠し持っておくこと
④ 開始時に”Pillow Fight‼‼‼”と叫ぶこと
⑤ 15分後Pillow Fightは終了
⑥ 道路や歩道には出ないこと
⑦ 枕以外で叩いてはいけない
⑧ 傍観者・カメラ・公共の物などを叩いてはいけない
⑨ 初めてなら必ず参加すること

バンクーバーpillow fight2017ルール

街の許可を取らないで行われるこのイベントは、毎年4月の始まり頃に行われます。
もちろん公式なイベントではないので観光ブックなどには載っていません。
しかし地元の人はみんな知っている程有名なイベントです。
大人から子供までさまざまな人々が参加しているので、怪我などの心配もあまり必要なさそうです。ただしメガネやカメラには気を付けましょう

レポート

2017年4月1日(土)
2:55PM

開始5分前のアートギャラリー前には枕を隠し持った人たちがちらほら。
おそらく紙袋に入っているのは枕と思われます。
この段階ではどこでPillow Fightが行われるのか正確な場所はわかりません。
とりあえずでアートギャラリー前をぶらぶら歩いているだけでした。
バンクーバーpillow fight2017アートギャラリー前

ちなみにすぐ隣ではマリファナのイベントが行われていたので、大変混雑していました。
もし警察が来てもPillow Fightのことを取り締まっている場合じゃなさそうです(笑)

バンクーバーpillow fight2017マリファナイベント バンクーバーpillow fight2017マリファナイベント

 

3:00PM

突如として”Pillow Fight!!!!の叫び声とともに乱闘が開始されました。
アートギャラリー前は参加者と観客でごった返しています。
枕で叩くからあまり痛くはないとはいえ、かなり本気で叩きにかかっているので驚愕です。

3:15PM

本来なら15分で終わるはずのPillow Fightですが、白熱しすぎてなかなか終わらない。
観ているだけだと15分でも長すぎると感じます。枕を持ってくればよかったと後悔しました。それにしても参加している人は本当に楽しそう。

3:30PM

遂に終了。ボランティアの人たちが地面に散らばった羽毛を迅速に集めて掃除していました。しっかりした後始末があるからこそ、このイベントが行えるのだなと感じる瞬間です。
バンクーバーpillow fight2017後始末

まとめ

日本では観ることができないユニークなイベント。ぜひ枕を持って参加することをお勧めします。
”Pillow Fight”はバンクーバーだけではなく世界のさまざまな都市で行われているので、海外旅行に行く際はFacebookやウェブサイトを調べてみるのも面白と思います。

ウェブサイト
International Pillow Fight Day2017
http://pillowfightday.com/2017/

合わせておススメしたい記事

北米最大⁉リッチモンドナイトマーケット2017!いよいよ5月12日から解禁!

 

問い合わせ

笹沼 諒
Ryo Sasanuma
Richmond, BC  Canada
Eメールアドレス: ryo@ryosasanuma.ca
www.ryosasanuma.ca