Follow me on

どうしてこうなった?Illumination International Summer Night Market

 

ilumination

2017年5月5日にリッチモンドでオープンした「Illumination International Summer Night Market」(以下イルミネーションナイトマーケット)。
二日目となる5月6日の夜に訪れてみました。そこで見たものは去年と大きく変わってしまった残念な物の数々。
今回はそんなイルミネーションナイトマーケットの紹介とレポートをしたいと思います。

Nightmarket(ナイトマーケット)とは

7amfoodspace

バンクーバーの隣の街、リッチモンドでは毎年春の終わりから夏にかけてナイトマーケットが行われています。
ナイトマーケットでは主にアジアの料理や小物を買うことができ、様々なエンターテインメントが行われていて来場者を楽しませてくれます。
日本のお祭りでよく見る出店をイメージしてもらえば分かりやすいです。

リッチモンドには2つのナイトマーケットがあり、5月12日からオープンするRichmond Night Market(リッチモンドナイトマーケット)と、
今回紹介するIllumination International Summer Night Market(イルミネーションインターナショナルナイトマーケット)があります。

Illumination International Summer Night Market

sign

イルミネーションナイトマーケットは2008年にリッチモンド初のナイトマーケットとして設立され、Travel&Leisureで世界のトップ4のナイトマーケットの1つにも選ばれました。
昨年まではPanda Nightmarketと呼ばれていましたが今年から名前を変更してイルミネーションナイトマーケットになりました。

bears atraction
ilumination2 japanesething
amusment 11pmfoodspace

開催地まではカナダラインの駅、Bridgeport Stationからバスに乗り換えていくことができます。
5月5日から9月10日の間、週末に開催されており、7PMから夜中にかけてナイトマーケットを楽しむことができます。

そんなナイトマーケットに昨日行ってきたのですが、そこで見たものは去年と大きく変わっていました。
以下はイルミネーションナイトマーケットで感じたことをレポートしていきます。

去年までのリッチモンドナイトマーケットとパンダナイトマーケット

リッチモンドナイトマーケットは大々的な広告とカナダラインの駅のすぐ近くに位置する場所で開催されるのでとても有名なナイトマーケットです。

それに対して、イルミネーションナイトマーケットは最寄り駅が同じなものの、開催地が駅から遠いためバスに乗る必要があります。
また広告が十分でないのか、現地の人でも知らない人がいるほど認知度は高くありません。

2つのナイトマーケットのコンテンツはほぼ同じ。似たような食べ物と商品、アミューズメント。違いを挙げるとしたらテーマと規模、価格です。
リッチモンドナイトマーケットが去年恐竜をイメージしたデコレーションを行っていたのに対し、パンダナイトマーケットはパンダをイメージキャラとしていました。

richmond nightmarket

規模はリッチモンドナイトマーケットの方が圧倒的に大きく混み合い、市場での物価も高め、さらに入場料ありでした。
反対にパンダナイトマーケットの方は規模が小さいけど人が少なく価格も控えめ、入場料無料といいことばかり。

  リッチモンドナイトマーケット イルミネーションナイトマーケット
認知度
ロケーション
内容
価格
混雑状況

去年までのパンダナイトマーケットならここで強くお勧めしたいほど穴場なナイトマーケットでした。
しかし、今年は大幅な変更で正直がっかりする内容に、、、

今年のイルミネーションナイトマーケット

今年から名前をイルミネーションナイトマーケットと変更し、会場内には多くのイルミネーションを見ることができます。
しかしリッチモンドナイトマーケットでも同じようなイルミネーションを見ることができるため、わざわざ遠出をしてまで見るほどでもないです。

また市場での価格も去年に比べやや値上がりをした模様。
10足$10の靴下が7足$10だったりなど地味に価格が上がっています。

socksstore

出店しているお店は未だに準備不足のせいか空きスペースが目立っていました。
安い携帯アクセサリーを買おうと思っても店数が3~4店舗ほどしかないので見て回るには少なすぎです。

empty space

そして一番衝撃的な変更点は2週目から入場料を導入することです。去年までは駐車料金のみで入場料無料だったことを考えると大きな違いです。それならリッチモンドナイトマーケットの入場料が$3.75なのでそちらに行こうと思いそうです。

最後の綱の人ごみに関してですが、2日目は非常に混んでいました。
どのお店も列の整理がされていなく長蛇の列があちらこちら。
おそらく翌週からリッチモンドナイトマーケットがオープンするのでこの問題は解決するでしょうがこちらもマイナス点。

7amfoodspace

以上を踏まえてわざわざ開催地の遠いイルミネーションナイトマーケット誰が行くのだろうという疑問を抱えています。
まだ始まったばかりなので、これから改善してく可能性もありますが、現状ではおススメできません。
ただ、しばらくしてからもう一度訪れてみようと思うので、その時に変わったことがあれば記事を書こうと思います。

おススメ度
★☆☆☆☆

ウェブサイトhttps://www.summernightmarket.com/

入場料 $3

開催時間 金曜日・土曜日7PM-12AM
     日曜日    7PM-11PM

行き方 Bridgeport Stationからバスに乗り換え(ナンバー401・403・404・407・430)
    その後徒歩10分

関連記事:北米最大⁉リッチモンドナイトマーケット2017!いよいよ5月12日から解禁!
 
   :満腹必須!40種類以上のフードトラックが集まるシップヤードナイトマーケット(Shipyard Night Market)

 

問い合わせ

笹沼 諒
Ryo Sasanuma
Richmond, BC  Canada
Eメールアドレス: ryo@ryosasanuma.ca
www.ryosasanuma.ca