Follow me on

本当に!!北アメリカでは飼っていた魚が死んでしまった後、〇〇〇

 

本当に!!北アメリカでは飼っていた魚が死んでしまった後、〇〇〇

子供の時、飼っていた魚が死んでしまったときどうしていましたか?
僕は飼っていた金魚が死んでしまったときに公園の土に埋めてあげたことを覚えています。
皆さんも似たような経験があるのではないでしょうか?
今回はそんな観賞魚についての小話です

先日カナダ人の友達の家を訪ねた時のこと
カナダ人の友達:「昨日、飼っていた魚が死んでしまったんだ。」
   僕   :「それは残念だね」

カナダ人の友達:「それで魚をトイレに流したんだけど詰まっちゃって困ってるんだ。」
   僕   :「えっ!?飼っていた魚をトイレなんかに流したの!?」
カナダ人の友達:「普通じゃない?」
   僕   :( ゚д゚)ポカーン

その後どうする?

beach 1362944 640

日本人の感覚でいうなら死んでしまった魚を庭や公園に埋めてあげるということが一般的かなと思っていました。
生ゴミで捨ててしまうという意見もあると思うけれど、トイレに流すというのは、なかなか衝撃的です。
その友達に詳しい理由を聞いてみると、
「魚は水の中に住んでいるのだから水の中に還してあげるんだ。」とのこと。

言われてみれば正論かなと納得はしましたが、何とも釈然としない気持ち。
思い出してみると、映画「ファインディング・ニモ」にもそのような描写がありました。

念のため他のカナダ人とアメリカ人の友達に魚の処分の仕方を聞いてみるとみんな口を揃えて
「トイレに流すよ。」

( ゚д゚)ポカーン
北アメリカでは一般的なことのようです。

感想

なんとなく大事に育てていたペットを下水と一緒に流すのは気が引けてしまいます。考え方の違いなのでしょうけど、個人的にはトイレが詰まる可能性があるので(現に友達のトイレは詰まった)、水に還してあげるなら川とかにしてあげればいいのにと思ってしまいます。

 

問い合わせ

笹沼 諒
Ryo Sasanuma
Richmond, BC  Canada
Eメールアドレス: ryo@ryosasanuma.ca
www.ryosasanuma.ca