Follow me on

オンス?ポンド?多すぎる!カナダに溢れる単位の数々

 

見出し2

日本人にとってメートル・グラムは一般的なもの。
しかしそれ以外の単位はどうでしょうか?
カナダを訪れてみると日常的に飛び交うフィートやポンドなどの聞きなれない単位の数々。
いきなり10フィートと言われたら直ぐにはピンとこないですよね。

今回はカナダに来た時にも困らないように、カナダの単位について紹介していきます。


カナダの単位

Canada Flag

カナダは元々ヤード・ポンド法を使用していて、長さや重さを表すときの単位はフット/フィート・ポンドなどでした。
1970年にカナダがメートル法条約に加盟したため、公式にはメートル法を使う国になりました。
しかし急激な変化により、飛行機の燃料の量を間違えるなどのトラブルが発生。
また隣のアメリカの影響もあってか、現在でもメートル法、ヤード・ポンド法の両方が使われています。

日本・カナダ 単位早見表

 単位 日本カナダ使用法
メートル:m長さ
フット/フィート:ft長さ
インチ:in長さ
マイル:ml長さ
ヤード:yard長さ
グラム:g重さ
ポンド:lb重さ
トン(メートル法):tonne重さ
米トン;short ton重さ
オンス:oz重さ・液量
パイント:pints液量
ガロン:gallon液量
リットル:l液量
平方メートル:m²広さ
スクエア フィート:ft²広さ
エーカー:ac広さ
℃(摂氏)温度
℉(華氏)温度
A4(紙のサイズ)サイズ
レターサイズサイズ
ティースプーン
テーブルスプーン
料理

〇=日常的に使う △=日常の限定的な場面で使う ✕=一般的ではない

長さ

フィート定規

フット/フィート1フット=30.48センチ
インチ    1インチ=2.54センチ
マイル1マイル=1.60934キロメートル
ヤード    1ヤード=0.9144メートル

フット/フィート・インチ

カナダは正式にはメートル法を採用している国ですがフット/フィート・インチを使う文化が根強く残っています。

身長や物の長さを表記するときに用いられるのはフット/フィート・インチが多く、メートルはあまり見かけません。
基本的に短い距離に使われ、距離などの長さにはメートルを使います。
また郵便局などの公式な場所ではメートル、もしくは両方を使用しています。

会話の中では少しずつ変わってきているようで、年配の方はフィートを、若い人はメートルを使うことが多いそうです。
基本的には両方分かるそうです。

ちなみに1インチは男性の足の指のサイズ(2.54センチ)、1フットは男性の踵から爪先までの長さ(30.48センチ)と考えられています。
日本人からすると感覚が違いますが、ある程度の目安になるかもしれません。

マイル・ヤード

マイル・ヤードに関しては日本・カナダともに使われませんが、隣のアメリカでは速度標識などで使われています。
陸路で国境を渡ると、突然速度標識がマイルに変わるので注意です。

重さscales 1333455 640

ポンド:lb2.20462ポンド=1キログラム
オンス1オンス=28.3495グラム
トン(メートル法)1トン=1000キログラム
米トン(ヤード・ポンド法)1トン=907.185キログラム

ポンド

重さに関しても長さの項目と同じで公式にはグラムを使います。
しかしスーパーなどで見かける値札はポンドが多く、1ポンド〇〇ドルの表記をよく見かけると思います。
体重を示すときもポンドを使う人が多いですが、キログラムを使う人が増えてきています。
こちらも少しづつですがメートル法に移行しつつあるようです。
とりあえず1キロ2.2ポンドと覚えておけばイメージはつかめると思います。

オンス

オンスに関してはステーキの重さ、アメリカからの輸入品の表記など限られた場面で使われています。
ちなみにカナダ人自身、オンスがどのくらいの重さなのかを知らない人が多く、そこまで一般的ではないようです。

トン・米トン

日本では1トン1000キログラムが一般的ですがアメリカには米トン(Short Ton)という1トン約900キログラムの単位があります。
カナダでは
隣のアメリカに合わせて米トンを使っていましたが、現在ではトンを主流に使っているそうです。
もしカナダでトンと聞いたら念のためShort ton(米トン)かTonne(メートル法)かを確認してみましょう。

液量drip 921067 640

オンス1オンス=28.41ミリリットル
パイント1パイント=568ミリリットル 
ガロン1ガロン=3.785リットル 

オンス・パイント

カナダでは基本的にリットルを使います。
ただしコーヒーショップなどで見かけるコーヒーの量にはオンスを使っています
またビールの量を示すときにはパイントが使われています。
基本的にかなり限定的な使われ方なので、1年以上バンクーバーで過ごしていても気づかないほど。
必ずしも数字を覚えておく必要はないと思います。

coffee 563797 640beer 2288121 640

ガロン

ガロンに関してはカナダは見かけませんがアメリカ一般的です。
車でアメリカに渡った歳、ガソリンスタンドで見かけると思います。。

広さstreet 238458 640

スクエアフット/フィート1スクエアフット=0.092903平方メートル
エーカー1エーカー=4046.86平方メートル

スクエアフット/フィート

面積を表すときも平方メートルではなくスクエアフット/フィートが一般的です。
平方メートルを用いるのは公式な書類だけで、日常的にはスクエアフット/フィート を使います。
主に使用されるのは建物や部屋の広さを表すときに使われます。

エーカー

エーカーは農家などさらに大きい土地に対して使われます。
ちなみにプーさんで有名な100エーカーの森は404686平方メートル。東京ドーム8.6個分に相当する広さだとか。
思っていたより大きくて驚きます。

一応ヘクタールも使われていますが自然公園など広大な土地にのみ使われるそうです。

温度pool thermometer 1605907 640

 摂氏(℃)1℃=33.8℉ 
 華氏(℉)1℉=‐17.2 

カナダでは基本的には摂氏を使いますが華氏も使います。
気温や温度ついては℃、料理では℉を使うので、オーブンを使う際に℉を見ることがあると思います。
小耳にはさんだ話だと30歳以上のカナダ人は℃と℉の大雑把な計算ができるそうです。
これはお隣アメリカが℉を採用していて、会話の際に℃が伝わらないからだとか。
真相については調査中ですが興味深い内容です。

紙サイズprinter 23358 640

 A4サイズ縦297㎜ 横210㎜ 
レターサイズ縦279.4㎜ 横215.9㎜ 

レターサイズ

日本では一般的なA4サイズですが、北アメリカにはほぼ使われていません。
カナダ人の友達にA4って知ってると聞いてみたところ、存在すら知られていませんでした。
北アメリカで使用されている一般的な紙のサイズはレターサイズと言って、A4サイズより短く幅が広いです。

ティースプーン・テーブルスプーンsoup spoon 554063 640

ティースプーン1ティースプーン=小さじ1
テーブルスプーン1テーブルスプーン=大さじ0.985784

北アメリカのレシピを見たことがあるなら調味料の測り方はスプーンで表記されていることに気づくはずです。
日本だと小さじ大さじ、グラムなどで表記されていますが北アメリカではほぼスプーンです。
ティースプーン=小さじ、テーブルスプーン=大さじで考えれば大丈夫です。

まとめ

いかがだったでしょうか?日本とアメリカで単位が大きく異なることに対して、カナダは中間の混ざり合った単位を使うので混乱するかもしれません。
公式にはメートル法なので徐々に変わっていくでしょうが、恐らく長い歳月が必要でしょう。
ここまで細かく書いたのにも関わらず、正直インチ・フット/フィート・ポンド以外は覚えていなくてもほぼ問題ないと思います。
始めは戸惑うかもしれませんが難しく考えないで少しづつ慣れていくことが一番でしょう。

 

問い合わせ

笹沼 諒
Ryo Sasanuma
Richmond, BC  Canada
Eメールアドレス: ryo@ryosasanuma.ca
www.ryosasanuma.ca