Follow me on

カナダ映画史上最高の興行収益⁉BON COP BAD COP(ブレイキング・コップス)

 

ブレイキングコップス(BON COP BAD COP)

今回は少しテイストを変えてカナダの映画を紹介します。
先日2017年5月12日からカナダで公開された「BON COP BAD COP2」を観に行ってきました。邦画名だと「ブレイキングコップス2」になります。
この映画は第一作にあたる2006年に公開された「ブレイキングコップス」の続編です。
英語とフランス語が混在するカナダのオンタリオ州とケベック州の警察官が協力し合って事件を解決する刑事物のストーリー。
今回はそんなカナダ色が強いBON COP BAD COP の一作目と二作目をを紹介していきます。

 あらすじ

「BON COP BAD COP」「ブレイキング・コップス」(2006)

カナダのオンタリオ州とケベック州に州境の看板に引っかかっていた死体が連続殺人事件の発端。
ケベック州の破天荒な刑事、デビット・プシャール(Patrick Huard)と、オンタリオ州の規律に厳しい刑事、マーティン・ウォード(Colm Feore)は事件現場を訪れ、この事件は自分の管轄ではないと押し付け合いに。
折の合わない二人はお互いにケンカを吹っ掛け合い、挙句の果てに死体を真っ二つにしてしまう。
それをきっかけに上司から協力して事件の調査を行うことを命じられ、殺人犯を追うとことに。

 

「BON COP BAD COP 2」「ブレイキング・コップス2」(2017)

今回の映画は一作目から数年の月日が経過しています。(作中の描写ではわかりませんが恐らく10年ほど)
犯罪現場に乗り込んだマーティンはおとり調査で犯罪組織に潜入しているデビットと再開する。
デビットはおとり調査が敵にばれないようマーティンを人質にとりその場を脱出。
事態が収まった後、二人は再び協力し合い、犯罪組織を追うことになる。
その調査はアメリカをも巻き込む事件に発展する,,,

BON COP BAD COP(ブレイキング・コップス)について

この映画の中にはカナダのアングロフォン(英語スピーカー)のユーモアとフランコフォン(フランス語スピーカー)のユーモアが存分に盛り込まれています。
同じカナダ国内でも異なる文化と言語が入り混じり、様々なジョークが存在します。
そのジョークを理解するほど、カナダの文化やステレオタイプなどを知ることができると思います。

この映画はカナダ国内で史上最高の約1250万ドルの興行収入を記録しました。
しかし、カナダ国内のみで上映された映画なので日本にはDVDでしか広まっていません。

BON COP BAD COP 2(ブレイキング・コップス2)について

第二作目にあたる今作ではカナダとアメリカとの関係性に焦点をあてた映画になります。
カナダから見たアメリカのステレオタイプは、カナダ人がアメリカ人をどう思っているかを表していると思います。
1つの例を挙げるとして、アメリカ人は隣のカナダのことをよく分かっていません。
あるアメリカ人はカナダのことをアメリカの一つの州と同じ大きさくらいだと考えていたほど。
そんなステレオタイプがあるアメリカ人に対して、フランス語スピーカーのカナダ人が話をしたらどうなるでしょうか?

感想

一作目はカナダの英語・フランス語文化を焦点にあてているので英語とカナダについて学んでいる身としては興味深い映画でした。
ストーリーやキャラクターの設定自体は典型的な刑事ドラマですが、カナダ色が加わることによって新鮮味のあるキャラクターとストーリーだったと思います。
気になることがあるとすれば邦画名のブレイキング・コップス。
オリジナルのタイトルが英語とフランス語が混ざった「BON COP BAD COP」でGood cop/ bad copからきたタイトルなのに、ブレイキングコップスって...何とも適当な気がしてなりません。

 

二作目は前作の続きなのでカナダ色満載…というわけではなく、事件を追うストーリー性が出ていたと思います。
カナダとアメリカの関係性がスポットに置かれているので、今作の方はユーモラがよりわかりやすく面白かったです。
前作から11年も間が開いているので映画の完成度も前作に比べ良かったです。
僕の中で、カナダに来ている・興味がある日本人にぜひおススメしたい映画の1つです。

2017年の5月からカナダで上映されていますが、前作がカナダのみの上映だったことから、恐らく日本で上映されないかと思います。
カナダのネットフリックス(Netflix)では一作目を配信していますが、日本ではどうなのでしょうか?
DVDレンタルは行われているようなのでカナダに興味がある方はぜひ観て頂きたいです。

 

問い合わせ

笹沼 諒
Ryo Sasanuma
Richmond, BC  Canada
Eメールアドレス: ryo@ryosasanuma.ca
www.ryosasanuma.ca