Follow me on

日本からバンクーバーへ持ってきて1番良かったものは意外にも○○○

 

留学・ワーキングホリデー持ち物おススメ

留学やワーキングホリデーでバンクーバーに長期間滞在する人達が日本で悩むことは、「何を持っていけば良いのだろう?」という疑問だと思います。
いろいろ持って行った末に要らない物、持ってくれば良かったものが多々ありました。
今回はその中で、予想だにしなかった物で、これだけは持ってきて良かったと思える一品を紹介します。


日本からバンクーバーに持ってきて最も良かったと思うものとは?

 

限られた荷物の中で日本から持ってきて良かったものは

、、、

、、

日本製の炊飯器です!!

バンクーバーへ留学・ワーキングホリデーでおススメの持ち物、炊飯器

普通に考えたら、大き過ぎるし持って行く必要あるの?と思うはず。
持って行く価値はあります!カナダの炊飯器を試したことがあるのなら誰しも思うことでしょう。

 

カナダの炊飯器は日本の炊飯器と比べ、非常にシンプルな作りになっています。
ボタンはただ1つ。保温か炊飯を選ぶだけです。
しかし、この炊飯器、保温機能が最悪で、ご飯が炊けた直後にかき混ぜないと釜にご飯がこびりつきます。
さらにかき混ぜたところで30分もしないうちにご飯は固くなる始末。
水の分量も非常に繊細で上手く炊けたためしが無い。
日本食の基本であるご飯が上手く炊けないことは海外で長期滞在するうえでかなりのストレスです。

バンクーバーへ留学・ワーキングホリデーでおススメの持ち物、カナダ製炊飯器 

 

「じゃあ現地で買えばいいじゃない?」という人がいるかもしれません。
確かにバンクーバーにはアジア系の移民の方が多く日本の電化製品を扱っているお店もあります。
しかし、価格を見てみると唖然。
日本で5千円くらいで買えそうな炊飯器が100ドルを軽く超えます。

海外で日本の味が恋しくなった時に美味しいご飯が炊けないのはかなりの痛手に感じました。
だからといって買おうにも炊飯器は高すぎる!
結局、実家の母に頼んで子供の頃から使っている古い炊飯器をその他荷物と共に日本から送ってもらいました。
その炊飯器はカナダの電圧でも問題なく使用でき、カナダの炊飯器より上手にご飯を炊くことができます。

美味しいご飯が炊けるようになってからは自炊で日本食を作ることができるようになりました。
これでホームシックを乗り切ったと言っても過言ではないかもしれません(笑)


まとめ

ワーキングホリデーや留学でカナダに長期滞在する方には日本から炊飯器を持ってくることをおススメします。
行きは荷物になりますが、日本へ帰国の際は現地の日本人や友達に売るかあげれば荷物にもなりません。
荷物が多すぎて持って行けないという方は配達で後日送ってもらうのもありだと思います。
あくまで個人的な意見ですが日本製の炊飯器はあれば非常に有用な物なので荷物に余裕があるのならぜひお持ちください。

 

併せておススメしたい記事

今年はパレードを行進!バンクーバープライドパレード2017

制限なしで手数料無料の銀行口座⁉Coast Capital Savings

その言葉伝わらない!カタカナイングリッシュ10選

問い合わせ

笹沼 諒
Ryo Sasanuma
Richmond, BC  Canada
Eメールアドレス: ryo@ryosasanuma.ca
www.ryosasanuma.ca