Follow me on

秘境のヌーディストビーチ!?レックビーチ(Wreck Beach)を大公開‼

 

バンクーバーレックビーチWreckbeach見出し

日本人にとって馴染みのないものの1つ、ヌーディストビーチ。
浜辺で衣類を一切まとわず、生まれたままの姿で自然を肌で感じることができる場所。
テレビやインターネットで知っている人は多くても、気恥ずかしくて行くのを躊躇する人も多いのではないでしょうか?
今回はバンクーバーのヌーディストビーチ、レックビーチ(Wreck Beach)について写真を交えて紹介していきます。
*健全な記事です。

レックビーチ(Wreck Beach)とは

レックビーチはカナダのバンクーバー、ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia以降UBC)の敷地内にあるヌーディストビーチです。
浜辺内では衣類の着用がオプショナルなので服を着ても着なくてもよいエリアになっています。
よって、裸になることに抵抗がある人は水着を着ていても何ら問題ありません。
ダウンタウンからバスに乗り30分以内に着く距離にあるビーチなので、天気の良い日に気軽に訪れることができます。

レックビーチへの行き方

レックビーチはバンクーバーの西にあるUBCのキャンパスに隣接しているのでTranslinkのバスを利用できます。一般的にレックビーチと呼ばれるエリアは、UBCのバス停からから約1キロ西に進んだところにあります。

UBCのバスループ行きのバスナンバー:C20,4,9,14,25,33,41,43,44,49,84,99,258.480

レックビーチはひどい傾斜の崖を下った先にあります。
道中には約480段にも及ぶ階段があるので帰りはかなり厳しい道のりです。

ビーチ内のエチケット

レックビーチにはヌーディストビーチならではのエチケットがあります。
トラブルを避けるためにも以下のことは守りましょう。

  • 写真を撮るときは必ず許可を取ってから
  • 他人を凝視したり
  • 音楽はスピーカーではなくイヤホンで
  • ビーチ内で火を使わない
  • 遊泳エリア内でのモーターボートは禁止
  • トイレは清潔に
  • ゴミは持ち帰りましょう

レポート

2017年4月26日 早朝

バンクーバーレックビーチWreckbeach入口

ビーチの季節にはまだ気温が低く、早朝でまだ人がいない時間にレックビーチの入口に到着。
人がいないビーチ内なら気兼ねなく写真を撮れるので朝6時に起きてきました。

バンクーバーレックビーチWreckbeach階段

楽園レックビーチまでの道中には先の見えない階段が立ちふさがります。
朝霧で湿気る地面は少し滑りやすくなっています。
こんな時間に誰もいない階段で転んだら洒落にならないので慎重に進みます。

バンクーバーレックビーチWreckbeach看板

「ここから先、衣類の着用は自由」の看板があります。
極端な話、この看板の少し先で全裸になっても問題ないということになりますね。
こんな階段の途中で全裸になる人もいないでしょうが(笑)

バンクーバーレックビーチWreckbeach階段の終わり

階段を下りきると目の前に広がる静かなビーチと果てしない水平線。
1人で来ていたにも関わらず大興奮です。

バンクーバーレックビーチWreckbeachビーチ丸太 バンクーバーレックビーチWreckbeach浜辺

まだ太陽が昇りきっていないビーチには人っ子一人いなく、波の音だけが聞こえます。

バンクーバーレックビーチWreckbeach岩場

この長い岩場は沖に向かっています。
写真ではわかりずらいかもしれないですが、この岩場かなり長くて足場が悪いです。
ちょっと登ってみようかと試みましたが、反対側はすぐに海なので滑ったら洒落になりません。
危ないので良い子は登らないようにしましょう。

バンクーバーレックビーチWreckbeach看板2

一通り見て周ったので帰ろうと思うと階段という現実に戻ります。
途中先ほどの看板の裏側を発見。
これより先は服の着用必須なので着替えをお忘れなく。
帰りは階段の数を声に出して数えながら登ったのですが息も絶え絶え。
やっとの思いで登りきり数え終えると階段数は479段!
何段か飛ばした可能性もありますがだいたい合っていると思います。
皆さんも遊び過ぎて帰りの元気を残すのを忘れないようにしましょう。

追記*8月10日

シーズン時にレックビーチに行ってきました。
かなり混み合っていましたが、窮屈に思うほどではなかったので存分にビーチを堪能してきました。
気になる裸についてですが、だいたい半分以上の人達が水着を着用していました。
とはいえ4割ほどの人達は裸で過ごしていたので立派なヌーディストビーチです。
さらに気になったのがアジア人をあまり見かけなかったこと。
たとえ見かけたとしても水着を着用した人のみでした。
アジア人はシャイなのかな?と疑問に思うところです(笑)
ともあれ素晴らしいビーチなので恥ずかしがらず訪れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

レックビーチは思っていた以上に美しいビーチでした。
この時はまだまだシーズンではなかったので人はいませんでした。
そろそろ夏が近づいてビーチ日和も近づいて来ていることですし、近々レックビーチを訪れてみようかと思います。
僕自身がヌードになるかは、、、、(笑)

合わせておススメしたい記事

凄いのは吊り橋だけじゃない!大人気のCapilano Suspension Bridge Parkを徹底レポート!

4Dでカナダを一望!FlyOver Canada

英語で学ぶ科学!Science World(サイエンスワールド)

 

問い合わせ

笹沼 諒
Ryo Sasanuma
Richmond, BC  Canada
Eメールアドレス: ryo@ryosasanuma.ca
www.ryosasanuma.ca